さて、昨日から3日間、カープの試合がありません。昨日は何とかホークスの優勝で「命長らえました」が、今日みたいによそのチームの試合すらない、となるともはや酸欠状態になりかねませんよ。

そんな時には「本」を読むのが一番なんですが…。


今、四国九州アイランドリーグ・香川オリーブガイナーズで監督をやってらっしゃるカープOB

西田真二さん

その前は愛媛マンダリンパイレーツで監督をされてましたが、その時には現カープの中谷翼や、元ホークスの西山道隆をNPBに送り出す、また移籍した香川オリーブガイナーズで2007年前後期、2008年前期、2010年後期優勝など、何か知らんけどすごい監督さんになってしまいました。

その西田さんが1995年の引退後に出した(とは言うものの、インタビューの書き起こし?)本。わしがカープに身を寄せるようになって、アスリートマガジンの次に買ったカープ関連の本がこれ。

西田真二の「ここで一発!」

野球との出会いからPL学園の頃、もちろんカープ入団以降の話とかがダラダラと載ってるんですが「第九章・西田真二の主張」っちゅう章に、今の西田さんの監督業にもしかしたら活かされてるんかも、っちゅうような居住つがいくつか散見されます。まぁその他の章も結構面白いんですが。例えば

(以下、赤字は引用です。)

セ・パ合体論

「カープとライオンズが合併」とか「ヤクルトとオリックス」「ジャイアンツと近鉄」などと、今考えたらヒヤヒヤするような事を言われてますが、実はこっそり「1リーグ推進派」やったんでしょうかね。それ以上に「北海道に1チーム作る」→ファイターズ移転。まるっきり予言者みたいなもんですが(規模ちっちゃいな)。他に「四国にもチームを作る」などと言われてる。まさか自分がその「四国のプロ野球チーム」にかかわる事になろうとは考えてなかったとは思いますが。まさに「今の心境や如何に。」ですよ。


いっそ、客が入らんでもええから、五万人くらい入るような球場を作るのはどうかね

まだ漠然と「新しい球場どっかに出来んかなぁ」っちゅうてた時期。まだ東広島駅ヤード跡地が空き地のままやった頃。西田さんはあの空地を見て「スタジアムを」とか思ったんでしょうかね。


で、今更になって結構「へぇ~」と思うのがこの記述。

「第九章」からその1:ヤクルトの野村監督は、ID野球をデータを集めてやっとるけど、これはまず頭で考えて、それから体を動かす野球よね。逆もあるね。体で基本的な事を覚えこんでしまって、その後頭ついて行く。やりかたはそのどっちかしかないんやから。野球ちゅうのは、複雑に考え過ぎてもいかんのよ。作戦は極端にいえば、番とか、エンドランか、スチールしかないんやから。それをどんなタイミングで、何球目に出すかよ。それは監督が責任持ってやる仕事よね。言ってみればゲームを動かす司令塔は監督。今の野球での監督は、それだけゲームの中で重要とされてるんよね。(中略)野球も選手だけで判断してやったら、面白いと思うよ。

35歳と言う、今で考えたらかなり若い年齢で引退された西田さん。入団して暫らく古葉・阿南と言った「知将」と言われた監督さんのもとで、現役当時に練習は適度に手抜いてたみたいやけど(笑)、そんな中でしっかり「監督とは何ぞや。こうあるべきなのか」を見てらっしゃったように思えるんですがどうでしょう。まぁ「努力したら潰れる天才(達川氏談)」ゆえ、わしらの分からん事も多々ある、っつーか分からん事の方が多い、とは思いますが。

カープって「体で覚え込ませる」が常に先に来てる、というか今年の場合「これ」しかなかったように思います。試合後のコメントを見てると、まるで「試合中に全部考えろ」と言わんばかりのコメントが目に付きましたよ。ずっとオープン戦のつもりでやって来たんかなぁ。そんなんやとしたら去年のファン感謝デーに「優勝します」とか寝ぼけた事言わんかったら良かったのに。

それと、中略後の一文、これは、ラグビーの監督さんらがハーフタイムの間にしか選手に指示をせん事を例に出して述べてらっしゃいますが、これってやっぱり野球にも絶対に必要だと思います。

最近は全く聞かんようになりましたが、ピッチャーが完全にノーサインで投げる、とか。川口和久・達川光男のバッテリー間であったそうですが。これも、何かとキャッチングの技術論や根性論で語られる事が多いですが「選手に試合全体を考えさす」一環やと思うんですよ。

最近ピンチとかになったら、やたらキャッチャーがベンチの様子をうかがうシーンが増えましたが、サインが出ようが何しようが、結局投げるのも打つのもとるのんも選手やねんから、あれは絶対やめた方がいい。相手にも「バッテリーが迷ってる」のがバレバレですよ。その前に今の首脳陣の某二人は、キャッチャーがベンチの方を向いたら、どないしたらええんか分かってないんとちゃいますかね。

とにかく、何も監督の勉強をして来んかったんやから、それに、コーチとしていっぺん失敗してるんやから、本当に今年はおとなしくして欲しかったんですが。もう後の祭りですわな。いろいろ「アレもやりたいこれもやりたい」ってんでいろいろ手を出し過ぎて失敗した感があります。


「第九章」からその2:プロのチームでは、一周りした所で選手を集めてミーティングしたりする琴があるんやけど、ワシはあんまり好きじゃない。スコアラーがつけてる記録を見て選手一人一人が判断するべきなんよ。日本の場合、コーチが押しつける事が多過ぎるね。ほんとのレギュラークラスになったら、自分が思わな出来んのやから。助言するのは大事やけど、教え過ぎってのはよくないね。指示し過ぎとか、毎日ミーティングするとか。

なんか今年のカープと完全に真逆の事を言うてらっしゃいます。最近はどうか知らんけど、一時毎日のように「緊急ミーティング」やってましたからねぇ。何の意味があったんか走りませんが。しかも試合後なんかにやられたら気分転換に外にメシ食いに行くような気も失せるっちゅうもんですよ。

「指示し過ぎ」って正に投手コーチですよねぇ。いっちいち出て行かんでもええのにノコノコマウンドに行って、その直後に被弾炎上、とかを毎日のように繰り返してる。あんな場面はバッテリーで考えさせたらいいんですよ。そのバッテリーが出したランナーやったりするんやから。

練習でもそうですよ。何でもかんでもベテランから若手まで、同じように考えるのんはおかしいんですよ。それこそ「教え過ぎ」になってないですかねぇ。「指示」と「指導」は絶対に違うもんですよ。この文章、恐らく試合の事について言うてはるとは思うんですが、これは「練習」にも当て嵌まるでしょう。

みんなプロ野球選手として入団する前に「プロ野球選手になりたい」と思って野球を始めて、そこで野球選手としての基礎の「指し導き」があるんですよ。そしてドラフト会議やらで縁があって「プロ選手」として入団して来てるんであって、アマチュアの時の目標「プロ野球選手になりたい」を達成してる。

その時点で次の目標「こんな選手になりたい」と思って、日々それに向けて練習しとる筈。その過程の中で何か一つ二つ、分からんようになってきた時に「指し示してあげる」のがコーチの役割やと思うんですが。全員「右向け右」みたいな練習で、違う方向に行ってしまったら誰が修正するんか。


第十二章から:もし指導者になるとしたら、昔の硬い頭を持ってたらダメやからね。選手と同じ立場で、選手に教えるんじゃなくて、選手に教えてもらうくらいの気持ちで、お手伝いをするという感覚のコーチになりたいね。(中略)基本的に、選手のやりやすい環境を作ってあげるいうのがええかなと思う。最終的には勝たないかんのだけど、それは監督の責任だからね。コーチは、教えてもらう、お手伝いする。そう言う感覚でやるのが一番ええと思うね。どうしても歳とってくると「昔はこうやったから」とか、そう言う指導をしがちやけど、常に頭を柔軟にしてね、選手のことを思いやって、悩んでるやつにはアドバイスする、調子に乗ってるやつは落とすとかね。

カープ古手のOBには実に耳の痛い一言じゃないかと思いますよ。ストレートには書いとらんけど、西田さんが現役選手の頃にコーチをやってたカープOBの事を書いてるんかなぁ、などと思ったり。

ちょっと何かあれば「投げ込みが足りない投げ込みが足りない」と連呼。挙げ句の果てには「肩のスタミナがないから」云々。肩は関節なんやから、使えばすり減るもんやろ思うんですがどうでしょう。

選手にはもっと自主的に練習させてあげるべきなんですよ。そこで分からん事が出てくれば何か一つ「こうすればいいんじゃね?」て言うてやればええだけの事。何でもかんでも、ベテランから若手まで横並びの練習をさせても、伸びる選手は伸びるかも知れんけど、伸びん選手は絶対に伸びん。

競争意識を煽ってるつもりなんかも知れんけど「入団テスト」で振るい落としをやってるんじゃないんだ。上手くなるための練習は人それぞれなんだ。それを見極められないコーチはいりませんよ。

「プロ野球選手」として入団させてるからには、みんな何か一つ持ってるものがある。それをうまく伸ばしてやる事がコーチの仕事であり、そこで伸びてきたものをうまく活用してあげる事が監督の仕事なんだと思います。何でもかんでも昔の考えを押し付ける事が良いとはとても思えませんよ。

引用やのに長くなってしもうたけど、最後には「そういう具合に出来ればええね。」で締めくくられてる。これは確実にオリーブガイナーズで実践されてるんやろうな。でないと、先に書いたような輝かしい成績は収められませんよ。そういえば今日って、交流試合があったのに雨天中止やったみたいで。


…などなど、他にもいろいろあるんですが、考えがまとまらんかったりしますんで

結論:西田真二監督待望!

となったら「マメチャンテ」がフル稼働するんでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

広島ブログ


2010.09.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/176-cce66d88